アフィリエイトマーケティング

もはや常識!

一部の芸能人が行って話題になった『アフィリエイト・マーケティング』。インターネットマーケティングではWEBを通した商品やサービスの販売方法として、アフィリエイト・マーケティングが盛んになってきています。アフィリエイトマーケティングとは、インターネットのWWW上における広告形態であるバナーやテキストの広告を複数のウェブサイトに掲載し、訪問者とそれに対する収益をシェアする形式のインターネットマーケティングのことを示します。

アフィリエイトマーケティングとは

インターネットマーケティングであるアフィリエイトマーケティングとは、広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語です。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できます。単にアフィリエイト(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多いようです。

特徴

アフィリエイトマーケティングは、以前盛んだったクリック報酬の広告と比べると、下記のような特徴があります。

  • クリックが販売に繋がった時だけ手数料を支払えば良いので不正クリックが防げる
  • 出来高払いで収入があったときにだけ手数料を支払えば良い

このように、商品やサービスを提供する側(マーチャント)にとっては非常に効率の良いマーケッテング方法です。

報酬

アフィリエイトは以下に対して報酬を受け取ります。

売り上げ報酬(CPA)
アフィリエイトサイトから導かれた訪問者が広告主の商品およびサービスを購入した場合、売り上げに応じて報酬を得ることが出来ます。この報酬をコスト・パー・アクイジション(CPA)と呼びます。
コスト・パー・リード(CPL)
アフィリエイトによって導かれた訪問者が広告主のウェブサイトを完全に読み込んだ場合、その回数に応じて報酬を得ることが出来ます。この報酬を(CPL)コストパーリードと呼びます。
クリックに対する報酬(CPC)
アフィリエイトのウェブサイトの訪問者が広告主のバナー広告をクリックして広告主のウェブサイトに訪れた場合、クリック数に応じて報酬を得ることが出来ます。この報酬をコスト・パー・クリック (CPC)と呼びます。.
広告表示に対する報酬(CPM)
広告主のバナーや広告が1000回表示された場合。この報酬をコスト・パー・1000イン プレッション(CPM)と呼びます。(CPM)と呼びます。
クラウドにしましょ
気候、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳、天敵など、立地条件によって異なる環境に対応できることが、昨今船橋 賃貸に求められている。

問題点

  • (1)現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体がブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
  • (2)販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促すインセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。
  • (3)プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。
  • (4)違法なダウンロードサイトの運営者は、違法な配信でアクセス数を稼ぎ、アフィリエイト広告で収入を得ているケースが多い。
  • (5)情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の不正行為として、以下のようなケースが挙げられる
  • 商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で報酬としてカウントされない。
  • 報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていない。
  • 報酬としてカウントされたあと、その報酬が支払われない。

対策

このようなアフィリエイトマーケティングの問題点に対し、各所で対策が取られています。

  • 検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っているからといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンにインデックスしないと公式に表明している。
  • 検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く仕組みを構築している。
  • 2012年12月3日には、日本音楽著作権協会(JASRAC)と日本アフィリエイト協議会は、アフィリエイト広告サービス提供事業者(ASP事業者)と連携して、アフィリエイト広告収入を目的とする違法音楽配信サイトに対して広告の掲載停止と広告料の支払停止を行う方針を発表した。
  • 業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドライン[10]を出し、適切なアフィリエイトプログラムの運用を呼びかけている。

アフィリエイトマーケティングの実情

アフィリエイトマーケティングは「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人にアンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、殆ど収入が得られないのが現状です。毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎないとも言われています。確かに私の友人でも「一ヶ月の稼ぎが500円にしかならない」と言っている人がいます。私の場合も当初ASPによっては、なかなか毎月支払いに至らなかったところがありますから、多くのアフィリエイターの人たちはそのレベルで留まっている、ということなのでしょう。そして、気をつけなくてはいけないのは、多くの人たちはそのレベルに留まり続ける、ということです。500円しか稼がない友人は、1年経ってもやはり500円しか稼いでいませんでした。常識で考えて、90%の人にかけている費用を、10%の人への費用に回せば、事業としての効率はぐんと良くなることがおわかりになると思います。

「トップ・アフィリエイター」

現在、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が二極化しているともいえる現状があります。2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中~上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%だったそうです。例えばアメリカでは、なんと、アフィリエイトで年間1億円もの収入を挙げる人がいるそうです。日本でも月に数十万円は稼ぐ人が出現していますし、また数百万円、という人も存在するそうです。日本ではアメリカほどアフィリエイトが普及していませんし、販売報酬率もアメリカより低めですから、それを考えると、日本でも相当の売上を出すことができるアフィリエイターが出現している、と考えることができると思います。こうしたかなりの額の売上をたたき出すアフィリエイターを「トップ・アフィリエイター」あるいは「スーパーアフィリエイター」と呼ぶようです。

SEOで順位アップ!
アフェリエイトってなんじゃ?
Chromebookのすゝめ
気候、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳、天敵など、立地条件によって異なる環境に対応できることが、昨今船橋 賃貸に求められている。