電子商取引

難しい言葉ですけど、皆知っています

インターネットなどのネットワークを利用して、契約や決済などを行うことを電子商取引といいます。従来から企業間の取引の一部はEDIなどの技術を使って電子化されていましたが、インターネットが一般消費者に普及するにつれて、消費者を直接対象にした電子商取引サービスが急激に成長していましたが、現在、インターネットを通じた電子商取引は徐々に成熟期を迎えつつあり、決済・流通システムや決済データのセキュリティ保護システムなど、技術的な問題は解決しつつあります。しかし、個人情報の管理が不十分なことによるデータ漏洩や、特にC to Cモデルでのネット詐欺多発など、電子商取引ならではの問題点も顕在化していて、インターネットマーケティング業界全体で対策が急がれています。

クラウドにしましょ
アットホームが送るオリジナル動画コンテンツ「明日への扉」明日への扉http://www.athome-tobira.jp/で日本の伝統を受け継ぐべく日々努力を重ねる若者達の生き方をぜひご覧ください。きっと得るものがあります!
熱交換機のことなら ラジエーターのことなら江尻ラヂエーターにおまかせ

電子商取引の現状

インターネットを通じた電子商取引は徐々に成熟期を迎えつつあり、決済・流通システムや決済データのセキュリティ保護システムなど、技術的な問題は解決しつつあります。しかし、個人情報の管理が不十分なことによるデータ漏洩や、特にC to Cモデルでのネット詐欺多発など、電子商取引ならではの問題点も顕在化しており、対策が急がれています。ネットワークの種類や取引の内容を限定しない、包括的な意味を持つ言葉です。

通信手段

電子商取引の通信手段には、インターネット、電話やファクシミリ、郵便などが利用されます。電子商取引の通信手段には、電話やファクシミリ、郵便、インターネットなどが利用されます。電子商取引は商取引である以上、様々な法律により、消費者が保護されたり、契約の定義が明確化されています。電子商取引はインターネットのウェブサイト等を利用して取引を行います。

種類

電子商取引は大きく消費者向けEC(B to C、BはビジネスでCは消費者を表す)と、企業間EC(B to B)に分けられます。不特定多数の消費者をターゲットとした消費者向けECにはサイバーショップが登場し、当初はパソコン関連商品等が主流でしたが、現在はあらゆる商品が扱われていて、インターネットバンキングも普及しています。

電子商取引とアフィリエイトサービス

最近になってアフィリエイトサービスが登場し、多くのイーコマースサイトはアフィリエイトサービスを導入するようになっています。このアフィリエイトにより、電子商取引は中抜きのメリットがあったにも関わらず、新しい仲介の形が登場しています。実際のところ、商品の価格に新しいコストが追加されているなどともいわれています。

電子商取引の問題点と解決法

電子商取引は特定商取引法に規定される通信販売ですが、契約当事者の顔が見えず、相手の特定や責任追及が困難なため悪質商法も行われやすく、セキュリティ上の問題もあります。下記にその対応をまとめました。

問題(1)
匿名性のあるネットオークションでは、代金の振り込みを受けても商品を送らないなどの無責任な行為が横行したり、特定商取引法や古物営業法などの規制を受けない個人がオークションに出品することで、返品可能性の表示がなされなかったり、買い取り相手の身分確認がなされず盗品が流通し易くなるなど、規制が届かない取引が多数行われてしまう。
  • 対応:インターネットオークションを主催する事業者に対し、参加する者の本人確認や出品の登録を求める提言がなされていて(警察庁セキュリティシステム研究会)、また個人でも営利の目的で反復継続して取引を行っているのであれば業者と認定されて規制がなされる場合があり得ます。
問題(2)
インターネット上の住所であるドメイン名が不正に利用される恐れがある。
  • 対応:不正の利益を得る目的等で他人のドメイン名を取得・保有・使用する行為は、不正競争として損害賠償責任等を生じます(不正競争防止法)。
問題(3)
インターネットが国境のないネットワークのため、トラブルが生じたときにどの国の法律によって解決するか(準拠法)、またどこの裁判所で裁判をするか(管轄裁判所)が極めて重要となります。
  • 対応:準拠法は当事者の合意によって定められ(法例)、管轄裁判所も原則として同様。
問題(4)
相手方との対面性がないのでパスワードやIDが盗まれて利用されたときには、他人になりすまして取引を行う事が容易となる。
  • 対応:電子署名・電子認証によって本人確認を行う。またなりすましが行われたときパスワードやIDが盗まれたことについて本人に責任があり、本人と信じたことに取引の相手方には責任がないのであれば、民法の表見代理等のルールでなりすまされた本人が責任を負う場合があり得ます。
問題(5)
消費者保護などのために書面の交付が法律上要求されている場合があるが、それがE-mailなどを利用した電子商取引にマッチしない。
  • 対応:民間同士の商取引では、法律上書面が要求されている場合でも相手方の承諾があればE-mailなどによって通知を行える(IT書面一括法)。
問題(6)
パソコンの操作ミスによって申し込みなどをしてしまうことがある。
  • 対応:たとえクリックミスなどによって契約の申し込みなどをしてしまっても、錯誤を理由に無効を主張できるのが原則(電子消費者契約等に関する民法特例法)。

B2Cとは?

企業(Business)と一般消費者(Consumer)の間の取り引きのことです。「B」は、Business(企業)「C」は、Consumer(一般消費者)の略語です。特に電子商取引(eコマース)の分類として使用される場合が多いようです。最近、インターネットを経由した一般消費者向けのネット通販が非常に広まっています。B2Cは、最近よく聞くB2B企業間の取引と区別して使われるようになりました。また一般消費者同士の取引をC2C(CtoC)と呼ぶこともあります。

概要

具体的なB2Cについては、インターネット上に商店を構えて消費者に商品を販売するオンラインショップと呼ばれる電子商店が一般的な形態です。ソフトウェアや画像、音楽などのコンテンツを販売するビジネスや、オンラインゲームやオンライントレードのようにサービスを提供する事業者も登場しています。B2Cを代表するものとしては、楽天やアマゾンの書籍、CDのネット販売、ヤフーなどの一般の個人ユーザーを対象としたインターネット・オークションなどのサービスがあげられます。

B2Cの取引

B2Cの取引では、インターネット上に通販システムを設けて物販を行うオンラインショップと呼ばれる電子商店が一般的な形態です。物品以外では、ソフトウェアや画像、音楽や映像などのコンテンツ販売、オンラインゲームやオンライントレードのようにサービスを提供しているケースもあります。

B2C電子商取引のメリット

売り手のメリット

B2C電子商取引における、商品、サービスの売り手側には、実店舗を持つコストが不要というのが一番のメリットだと思います。そのため、会社に必要なお金が少ない人でも簡単に会社を開業することが可能です。また地理的に不便な地方や国だとしてもグローバルな世界という市場を相手に業務展開することができることもあげられます。実際の店舗とECサイトとの連携により生まれるシナジー効果は、クリックアンドモルタルと言われています。両者で展開している時は、積極的にシナジー効果を狙うことが一番良い方法と思われます。

買い手のメリット

B2Cの場合、買い手である消費者にとっては、商品を低価格で買えることが大きなメリットです。これは、商品を直接購入することによって中間の流通段階をカットすることから可能になります。また、商品の販売価格、商品の品質や性能などに関する情報も価格比較サイトや製品批評サイトなどで収集することができます。他にも商品の選定や決済については、一緒にすることができます。買い手である消費者にとって自らに有利な意志決定をしやすくなるなどのメリットもあります。

SEOで順位アップ!
アフェリエイトってなんじゃ?
Chromebookのすゝめ
住宅情報を随時更新中!一人暮らしのお部屋は当社へお気軽に!船橋 賃貸住宅は当社がたっぷりご提案します!