SEO

検索エンジン最適化

インターネットマーケティングで外せないのがSEOでしょう。SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」のこと。要するに検索エンジンの性格を把握し、それに“最適な”サイトを作り上げていくことで、検索結果の上位にサイトを表示させることを言います。ここでいう最適化とは、簡単にいうと検索エンジンにひっかかりやすくすることと、特定のキーワードで検索した際に自分のページがなるべく検索結果の上位に表示されるようにすることを言います。インターネットユーザーの多くはYahoo!やgoogleなどの検索エンジンを使うことで、目的の情報を探そうとします。しかし一般的なキーワードで検索を行った場合には大量のページが検索結果に表示されてしまうため、その中でもなるべく上位に表示されなければ、その検索結果からのアクセスは期待出来ません。

SEO【検索結果アップのために】

検索結果の上位に表示されることはアクセスアップや売り上げにつながる、という考え方にもとづき、検索エンジンのためにHTMLを改良したり、リンクを増やしたりすることを指します。また、これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもあります。

SEOと検索

サーチエンジンインターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索できるSEO。サーチエンジンはページに掲載する企業の広告料金で運営されるため、利用する..は登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定しています。この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行う場合があります。その様々な技術や手法を総称してSEOといいます。

SEO対策の必要性

現在では、この検索エンジンがWebの世界において、確固たる、かつ巨大な地位を築いているのは周知の事実です。これはインターネットマーケティングの拡大も意味しています。大半のユーザーは、インターネットを使って情報を探すときには、検索エンジンを使うということは、皆さんご自身もお分かりのことでしょう。ヤフーやグーグルで、検索窓にワードを打ち込んで情報を探す―。検索結果から、自分が求めているサイトへのリンクをクリック。そんなことが世界中で繰り返し行われています。数多くの人がインターネットに触れ、そして検索エンジンを使って、情報を検索しているのが現状なのです。

クラウドにしましょ

SEOの今後

インターネットというインフラが登場してから現在にいたるまで、年数にしてみればさほど経っていないにも関わらず、爆発的な勢いでインターネットマーケティングが増加し続けてきました。これほどまでに情報が増え続けると、本当に欲しい情報に、なかなか辿り着けない状況となってしまいます。溢れ返る情報を体系的にまとめる存在が必要になってきたわけです。それが検索エンジンであったわけです。検索エンジンの上位に表示されることは、広告を出す以上の効果が得られると現在言われていて、SEOサービスを行っている会社も多数出来ています。また最近では書籍などの発売も相次いでいて、今後ますます盛んになっていくでしょう。

SEOとインターネット

ネットビジネスを展開して成功させようとするならば、上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率に大きな差があるのは明らかです。というのも、貴方がインターネットで検索するとき、上位に表示されたページから開いていきませんか?この事から、検索エンジンを攻略してサイトを上位に表示させ、アクセスアップを図ることが必要となってくるわけです。ここに、SEO(検索エンジン最適化)の重要性があるのです。

具体的なSEOの手法

具体的なSEOの手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な使用、より多くのサイトにリンクしてもらうなどの手段がありますが、サーチエンジンのランク付けのアルゴリズムは年々高度化が進む上、頻繁に変更が行われその度に激しく順位が変動する。このためSEOには王道は無く、地道にコンテンツを充実させて認知を広げていく以外に着実な手段は存在しないといえます。

最適キーワードの分析
目的キーワードを設定することで、ページデザインなど他の最適化項目に進むことができます。検索エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することです。
キーワードに沿ったページの構成
検索エンジンは、ウェブサイトが閲覧されるときに閲覧者が読もうとするテキストをHTMLの文書構造などに基づいて整理し、そのページは何を記しているページで、あるキーワードに対する関連性がどの程度かを判断します。キーワードにどの程度関連しているかは、検索エンジン・スパイダーのアルゴリズムに基づいて決定されます。そのアルゴリズムはウェブページの順位を決定する公式を計算します。検索キーワードによる検索結果で上位にくるには、ページは検索キーワードに合致もしくは関連するキーワード群を含んでいなければなりません。
リンクの作成
多くの検索エンジンでは、ページの価値を判断する基準に、そのページがどれだけ他のページからリンクされているかという観点を採用しています。したがって、ウェブ上の他の関係あるサイトに自分のコンテンツについて通知し、リンクを求めたり、自己が運営する既存のサイトから適切なリンクを貼ったりすることが対策として行われます。
HTMLによる最適化
検索エンジンは、HTMLのtitle、meta、strong、hnの各要素などを重視すると考えられているため、重要なキーワードをこのタグで囲って、重要であることを示すこともされます。

メリット

ユーザーを絞り込んで効果的・効率的に集客できる
自分でキーワードを絞り込んで検索してるユーザーは、ユーザーは訪問するサイトを選ぶ際に表示順位を重視しているので、圧倒的な競争優位性を築くことができます。
高い集客率
SEO対策をするメリットとしてまず最初に「集客力が高い」というのがあります。つまり、大手検索サイト経由で多くのインターネットユーザーを自分のホームページに集められるということです。
低コストで運営できる
バナー広告やアフィリエイト広告、テキスト広告などは1クリック○円、1か月○円などという料金が発生しますが、当然広告費を払わなければ広告は表示されません。 それに比べSEO対策は表示やクリックに対するコストはありませんし、その効果は一定期間に限定されることなく継続されます。

デメリット

SEOは有効なマーケティング手法にもなり得ますが、数多くのデメリットを抱えており、決して万能というわけではありません。短期的に見れば、SEOはメリットよりもデメリットのほうが多いと言っていいほどです。業者の甘言に踊らされることなく、欠点にも目を向けた上で長期的な視野を持ってSEOに取り組んでいくことが必要です。フィード購読者やメルマガ購読者のようなリピーターを増やしたり、実トラフィックをもたらす被リンクを構築したり、各種の広告を利用するなどのように、複数の集客経路を開発させることが、サイト運用や経営の安定化のためには不可欠です。

SEOで順位アップ!
アフェリエイトってなんじゃ?
茨木 不動産 http://www.housingnetwork.jp/物件を探すならハウジングネットワークにお任せ下さい!また、提案型不動産売却「ばいきゃくの窓口」も行っておりますので売却希望の方のご相談もお待ちしております。
Chromebookのすゝめ