メールマガジン

知らない人はいないですよねww

皆さんのパソコンには毎日いくつのメールマガジンが届きますか?ここではお馴染みのメールマガジンについてお話したいと思います。そもそもメールマガジンとは、電子メールコンピュータネットワークを通じて文字メッセージを交換するシステムのことです。もっとざっくり簡単にいうと、「電子メールで届く、新聞・雑誌のようなもの」です。インターネットを利用していれば、“いつでも、どこでも、誰でも”メルマガを発行することができます。現実世界の郵便に似たシステムであることからこの名前が付きました。文字メッセージ以外にも、画像データ・・・を利用して発行される雑誌。発行者が購読者に定期的にメールで情報を届けるシステムのことです。

クラウドにしましょ
キッチン・バスルーム・リフォームも扱っています!本八幡 一戸建て住宅は株式会社 優和住宅へ!

メールマガジンの特徴

メールマガジンは発行元に自分のメールアドレスを登録することによって、次回発行時から届くようになりました。メールマガジンでは、双方向の配信システムを使用するメーリングリストとは異なり、購読者同士で情報交換ができないプッシュメディア方式の配信システムを使用することが一般的です。バックナンバー(過去の記事)はWebサイト上で取り寄せられるようになっていることが一般的です。有料のものと無料のものがあります。無料のものには数行の広告が入っていることも多いですよね。

メールマガジンの発行者

メールマガジンの発行者は企業や個人など様々です。内容も、企業による製品情報や、ニュース記事、特定の分野についての講座的な読み物、日記など、極めて多岐にわたります。企業による定期的な情報配信は世界的にも一般的ですが、個人が発行するメールマガジンが数万種に及ぶ状況は、日本のメールマガジン(いわゆる「メルマガ」)文化独特のもののようです。その理由としては、配信システムを無料で提供する事業者の存在により、個人が手軽に発行できる環境が整っている点や、インターネットの回線インフラの進歩が遅れたことから、相対的にWWWなどより電子メールの利用が先に広まり、情報メディアとして早期から注目を集めた点などがあるようです。

メールマガジンの問題点

迷惑メールの問題が顕著になるに従い、迷惑メール対策のフィルタなどにより正規に登録したメールマガジンまで排除されるといった問題も起きています。存在しないメールアドレスが大量に登録され、部数広告の料金を不当に上げる行為が横行し、広告料金自体が、一部1円から0.001円に下がるなど、無料メルマガのビジネスは崩壊しました。各種サービス等の提供事業者が、加入者に対して送付する広告メールを「メールマガジン」と称している場合もあります。中には、メールアドレスの記入を必須事項とするなどしてアドレスを収集し、アドレスの記入を以って「メール送付を許可された」と拡大解釈して必要以上の頻度でメール送付を続けるといったスパム紛いの行為を行う事業者もあるようです。

メールマガジンを作るポイント

最近、話題になったり、人気を呼んだりしているメールマガジンには、個人で発行しているものもたくさんあります。メールマガジンを発行する場合、内容以外にも受信者の好みや環境の違いに配慮するなど、購読者の満足度向上に工夫が必要となります。配慮すべき項目としては、一回のデータ量、配信頻度、形式(HTMLかテキストか)、配信停止の仕組みなどがあります。中には、万単位で購読者を抱え、広告出稿の依頼のあるメールマガジンも結構あるようです。

一斉メール配信とステップメール機能の違い

読者リストを集める方法として、一般的には、商品の購入やサービスへの申し込みをきっかけにメールマガジンにも登録してもらったり、懸賞の応募や無料のプレゼントを用意してリストを集める方法が多いようです。その際、ステップメール付きの機能があると便利です。通常のメール配信は、特定の日時に登録している全ての読者さんへ一斉にメールが配信されますが、ステップメールは、読者さんごとにタイミングよくメールが配信される便利な機能となっています。両方をうまく組み合わせて配信できるメールマガジンを利用することをおすすめします。

ステップメールの例

ステップメールは、登録した日から継続的に自動でメールが配信されるシステムとなっています。

ステップメールの例

  • 商品を発送した日:本日、商品を発送いたしました。
  • 3日後:商品は届きましたでしょうか?
  • 1週間後:商品に関する豆知識
  • 2週間後:おすすめ人気商品のご紹介

無料の配信スタンドでメールマガジンを作る方法

メールマガジンは無料の配信スタンドを利用すると便利です。

無料の配信スタンドでメールマガジンを作る方法【『まぐまぐ!』】

『まぐまぐ!』は無料でメールマガジンを発行できる配信スタンドです。大手で利用者数も多く、作り方も簡単で使いやすいです。けれども、広告の表示が多く、半年程度メルマガを発行しなかった場合は休刊となります。メールマガジンを発行するにあたって審査がありますが、できるだけ一回読みきりの形にし、1話で完結するようなコンテンツにした方が継続しやすいでしょう。ブログの宣伝という感じではなく、メールマガジンでしか発行できないような情報をのせていくと審査に通りやすいでしょう。

審査

発行申請する際には第1号目のメールマガジンを作成して審査を受けなくてはなりませんが、これからこういうものをやります的なものではなく、1回目から具体的な内容のものを発行しなくてはいけないようです。サイトやブログを持っている人にとっては、ついついそのブログやサイトの紹介的役割のメルマガにしようとしてしまいがちです。けれども、サイトやブログがなくてもそれ自体として成り立つようなメールマガジンの作り方でないと、なかなか発行してもつづかないものなのではないかなと思います。事前にテスト配信ができるので、実際に配信する前にテスト送信してみることをおすすめします。

ポイント

また、ブログやホームページと連動して作成する場合、メールマガジンのフッターなどに自サイトへのリンクを付けておくことをおすすめします。これは、過去の配信分をすべて公開しているに設定することによって、被リンクにもなりますし、ブログのアクセスアップにもつながるかと思います。

チェック有料の配信スタンド

メールマガジンを作る方法

有料のメール配信サービスはたくさんありますが、メール内のどのリンクがクリックされたかまで測定できる高機能なメール配信システムやステップメール付きなどがおすすめです。商用でメール配信をする場合は、有料のメールマガジンを利用しましょう。無料のメール配信サービスの場合、読者さんの名前やメールアドレス情報を取得できないですが、商用の場合、読者リストを直接把握できないのは致命的です。有料のメールマガジンによっては、開封率や解除数、URLのクリック率などが詳しくわかる機能もありますし、広告表示などもされないので便利です。料金は一般的に、初期費用で1万円以内、月額3千円程度のものが多いです。

メールマガジンを作る方法【チェックポイント】

メール配信サービスによっては、せっかく配信したメールが読者さんの迷惑フォルダに入ってしまうケースも多いです。これは、配信サービスの共有サーバーが原因によるものが多く、他の利用者がスパム的な利用方法をしている場合、ヤフーやグーグルのフィルタにかかってしまうこともあります。多少高くても、迷惑フォルダに入りにくい有料メールマガジンを利用することをおすすめします。また、無料の場合は、登録しておいたらまぐまぐ内で紹介されたりする相乗効果があるので、読者数がかってに増える面もなきにしもあらずですが、有料のメールマガジンの場合は自力でメールフォームなどを使って読者数を増やしていく必要があります。付属のメールフォーム機能も充実している配信サービスを選択することをおすすめします。

SEOで順位アップ!
皆様それぞれが思い描く暮らしの舞台となるのが「住まい」です。宇都宮 マンションは、お客様各々の思いに合致した最高の舞台をご用意致します。
神戸 テナントは、多様化するお客様のご要望にお応えすべく、日々精進しております。昨今、インターネット通信の光ファイバーの有無が重要性を増しています。
アフェリエイトってなんじゃ?
Chromebookのすゝめ
熱交換機のことなら ラジエーターのことなら江尻ラヂエーターにおまかせ