ネットマーケティング検定

検定もあります

ネットマーケティング検定とは、Web担当者向けにインターネットマーケティング全般の基本知識や方法論の知識を認定する、インターネットマーケティング全般の基本知識・方法論などの保有度を測定する唯一の検定試験です。サーティファイWeb利用・技術委員会が主催。株式会社ワールドエンブレムが監修しています。

概要

2011年の米国、インターネット広告全体の売り上げが、前年比22%増の310億ドルで、過去最高を記録したと言われています。日本でも、2011年の日本での広告費は、新聞・ラジオのメディアが減少、テレビは4年ぶり微増する中、インターネットは10%増しで日本の広告費の13%を占めるともいわれています。スマートフォンやタブレット端末が普及し、Webサイトをはじめとするインターネットネット広告の多様性や重要性が増している現在、その状況に応じて最も効果的なマーケティング手法を選択し、実行できる人材がますます重要になってきています。「ネットマーケティング検定」は、Webを中心としたネットワークを活用し、自社と市場との関係(接点)を構築するために必要なインターネット・マーケティング全般の基本知識や方法論の保有度を測定する試験で、インターネットを用いたビジネスに必要不可欠な知識を総合的に学ぶ検定試験としては日本初の試験です。「ネットマーケティング検定」は、開発者向けの試験ではなく、ビジネスの企画・立案に活かせるマーケティングサイドの検定としてスタートした試験で、個人での受験が可能な全国一斉試験のほか、都合の良い日時を設定できる団体受験もあります。

難易度

ネットマーケティング検定の難近年合格率は70%ほど。インターネットマーケティングの仕事に従事したい方や従事している方なら、知識の確認などを含めて受験しても損はありません。

勉強時間

勉強時間は22.5時間~が一般的なようです。

試験

インターネットマーケティングの知識のほか時事的な問題などについて浅く広く出題されますが、公式テキストの内容(目次)が試験の出題範囲と リンクしていますので、公式テキスト、問題集、過去問、サイト上のサンプル問題(登録不要・利用無料)をしっかり理解して学習できれば、十分合格することができます。

就職

基本的には、インターネットマーケティングにおけるWeb担当者に対しての知識の確認のための試験なので、この資格を取得したからといって、即就職に結びつきません。知識の再確認やインターネットマーケティングの仕事に従事したい方の足がかりとして受験をオススメします。

試験概要

問題数は40問(基本問題30問+事例問題10問)で解答形式は択一選択式(4択)。試験時間は80分で、合格基準は得点率70%以上。受験料は5,400円。

認定基準

企業のWeb担当者に求められる「ファシリテート能力」、「Webに関する知識や技術」、「ネットマーケティングに関する知識」、「経営戦略と連動したWebブランディング能力」を有します。

試験日程

ネットマーケティング検定には団体受験のほか、個人で受験できる全国一斉試験があります。基本的には団体受験のみの実施ですが、個人での受験機会の創出を目的とし、不定期に全国一斉試験を開催しています。全国一斉試験の第1回は平成24年6月17日(日)に全国4都市(札幌、東京、大阪、福岡)で開催。 第2回は平成25年2月3日(日)に、株式会社ジャストシステム、株式会社インプレスジャパンの後援(メディアスポンサー:Web担当者Forum)にて、全国5都市(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)で開催されました。 第3回は平成25年8月4日(日)に開催され、第2回同様に株式会社ジャストシステム、株式会社インプレスジャパンの後援(メディアスポンサー:Web担当者Forum)にて、全国5都市(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)で開催されました。

試験結果

ネットマーケティング検定は試験終了後3週間を目処に、団体受験の場合は試験実施担当者、個人受験の場合は受験者本人に直接受験結果(合格者には認定証)が送付される。受験結果は、40問それぞれの正誤状況がわかる「分野別正答状況」、4分野(インターネットマーケティング総論、インターネットマーケティング各論、関連知識、事例問題)の「分野別正答率」グラフ、「得点率」、「合否結果」などが記載されたA4サイズの紙面で発行されます。

クラウドにしましょ

ネットマーケティング検定の実施団体

Web利用・技術認定委員会

  • 設立 2000年
  • 委員長 大岩元 慶應義塾大学名誉教授

株式会社サーティファイ

  • 商号 株式会社サーティファイ
  • 本社所在地 東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
  • 設立 2001年
  • 事業内容 資格、技能に関する認定試験の開発、実施、資格認定試験の受験対策問題集の制作
  • 代表者 代表取締役 国山広一
  • 資本金 1億円

㈱サーティファイ

㈱サーティファイは、「日本情報処理教育普及協会」「日本ソフトウェア教育協会」「マルチメディアクリエイター教育普及協会」「Web利用・技術検定協会」「日本ホテル実務教育協会」の5協会が、急速に変化する社会情勢と人材ニーズの多様化に対応すべく、2001年に株式会社サーティファイを設立しました。サーティファイ(英: Certify Inc.)は、ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催、実施をし、主催試験に対応した対策問題集の開発、販売をする会社です。本社は東京都中央区に所在します。

試験科目

情報処理能力認定委員会

  • 情報処理技術者能力認定試験 
  • C言語プログラミング能力認定試験 
  • Javaプログラミング能力認定試験 
  • Visual Basicプログラミング能力認定試験 
  • ワードプロセッサ技能認定試験 
  • ソフトウェア活用能力認定委員会

試験科目

Excel表計算処理技能認定試験

  • Word文書処理技能認定試験 
  • Accessビジネスデータベース技能認定試験
  • Power Pointプレゼンテーション技能認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験

Web利用・技術認定委員会

  • Webクリエイター能力認定試験
  • Flashクリエイター能力認定試験 
  • ホームページ制作能力認定試験 
  • ネットマーケティング検定

ホテル実務能力認定委員会

  • ホテル実務技能認定試験

コミュニケーション能力認定委員会

  • コミュニケーション検定
  • ケア・コミュニケーション検定(ケア・コミュニケーションアセスメント試験)
  • 営業力強化検定(営業力強化検定「Webテスト」)

著作権検定委員会

  • ビジネス著作権検定

コンプライアンス検定委員会

  • ビジネスコンプライアンス検定
SEOで順位アップ!
アフェリエイトってなんじゃ?
ワールド・ワンだから、できること。地域に根ざした活動をしているからこそできるサポートがあります。八尾 中古マンション探しはおまかせください。
Chromebookのすゝめ