テネットの相関図・ネタバレ結末!キャスト画像一覧や年齢を解説

テネットの相関図・ネタバレ結末!キャスト画像一覧や年齢を解説

『ダークナイト』シリーズ『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督待望の新作『テネット』が9月18日に公開されます。

時間の逆行を描き、人類が信じてきた時間の不可逆性から脱出する。

 

そして、第三次世界大戦を止めるというミッションを背負った名もなき男と謎の言葉「テネット」。

その二つが明かされる時、大きな謎が解き明かされる。

 

映画好きのあおい

そんなあらすじで既に謎だらけの今作です!

 

公開に先立って、キャスト紹介、結末予想をまとめてみました。

テネットの相関図

テネットの相関図を解説します。

テネットの相関図

 

テネットの相関図

ウクライナで起きた偽装テロ事件に特殊部隊として潜入したことから第三次世界大戦を防ぐための謎のキーワード「TENET」を巡るミッションに巻き込まれる主人公、名もなき男。

ニールはその相棒として、名もなき男と世界中を旅します。

映画好きのあおい

セイターは未来と現在を繋ぐ役割を持つ謎の悪人。その謎を知る、妻キャットは重要なキーパーソンになるでしょう。

 

また、「時間の逆行」が1つのテーマである今作。

逆行する弾丸の仕組みを教える科学者バーバラや、イギリス情報部とのパイプを持つクロズビーもまた、見逃せない人物です。

謎のキーワード「TENET」の秘密を知る人物、プリヤ、その下で働き名もなき男を導くアイヴスも敵なのか味方なのか分かりません。

ストーリー同様、謎だらけの登場人物達にも注目です。

テネットのキャスト一覧と年齢【画像付き】

テネットのキャスト一覧と年齢を解説します。

テネットのキャスト一覧と年齢

 

ジョン・デビッド・ワシントン(主人公/名もなき男)

ジョン・デビッド・ワシントン

主人公、名もなき男を演じるのは、1984年7月28日生まれのアメリカ人俳優ジョン・デビッド・ワシントンです。

元プロアメリカンフットボール選手という異色の経歴を持ちます。

 

父親は、ハリウッド俳優であるデンゼル・ワシントン。

幼少期、彼の主演映画に端役として出演した事もありますが、本格的に俳優を始めたのはアメフト引退後の2015年です。

 

ロバート・パティンソン(ニール)

2018年に公開された『ブラック・クランズマン』では主演を演じ、大きな話題となりました。

クリストファー・ノーラン監督とは、今作が初タッグです。

 

ロバート・パティンソン(ニール)

ロバート・パティンソン(ニール)

ニールを演じる、ロバート・パティンソンは1986年5月13日生まれのイギリス人モデル、俳優です。

2005年公開の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でセドリック・ディゴリーを演じ、注目を集めました。

 

また、2008年公開の『トワイライト〜初恋〜』では主人公の恋人エドワード・カレンを演じ、ロバートが歌った楽曲が挿入歌として使用され、サントラにも収録されています。

 

映画好きのあおい

『トワイライト』シリーズで一躍有名になったロバートは、今作が初めてのノーラン作品出演になります!

 

期待も大きいですね。

 

エリザベス・デビッキ(キャット)

エリザベス・デビッキ(キャット)

キャットを演じるエリザベス・デビッキは1990年8月24日生まれのオーストリア人女優です。

バレエダンサーの両親を持ち、芝居に専念するようになるまでバレエダンサーとして特訓を受けていました。

 

また、メルボルンにあるハンティングタワー・スクールを首席で卒業。

メルボルン大学に進学後、教育2年目において優秀な演劇学生のために贈られる奨学金を取得しており、とても優秀な学生だったようです。

 

映画好きのあおい

2013年『華麗なるギャツビー』ではジョーダン・ベイカー役を演じ、その美貌を遺憾なく発揮しました♪

 

ケネス・ブラナー(セイター)

ケネス・ブラナー(アンドレイ・セイター)

セイターを演じるケネス・ブラナーは1960年12月10日生まれのイギリス人俳優、映画監督、脚本家、プロデューサーです。

23歳の時にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに参加し、多くのシェイクスピア作品演じました。

シェイクスピア俳優として有名な「ローレンス・オリヴィエ」の再来と言われています。

 

実際に2011年『マリリン 7日間の恋』ではローレンス・オリヴィエを演じています。

また、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ではナルシストのハンサム教師、ギルデロイ・ロックハートを演じ、話題になりました。

ノーラン作品には『ダンケルク』に出演しています。

 

ディンプル・カパディア(プリヤ)

ディンプル・カパディア(プリヤ)

プリヤを演じるディンプル・カパディアは1957年6月8日生まれのインド人女優です。

インド映画監督ラージ・カプールにその才能を見出され、16歳の若さで1973年『Bobby』で主演を務めました。

作品はたちまち大ヒットし、フィルムフェア賞最優秀主演女優賞を受賞しました。

 

映画好きのあおい

この作品を含め、2度最優秀主演女優賞を受賞しています!

 

その後も一度は引退したものの、数々の映画で主演を務め、カルト的人気を博した彼女は、ファッションアイコンとして、インド全土の女性の憧れの的となりました。

 

アーロン・テイラー=ジョンソン(アイヴス)

アーロン・テイラー=ジョンソン(アイヴス)

アイヴスを演じるアーロン・テイラー=ジョンソンは、1990年6月13日生まれのイギリス人俳優です。

2006年『幻影師アイゼンハイム』で主人公の少年時代を演じ、注目を集めました。

2009年『ノーウェアボーイ』では、主人公ジョン・レノン役を演じ、話題となりました。

 

その後、『ノーウェアボーイ』の監督であり、23歳年上のサム・テイラー=ジョンソンと結婚、二子を授かりました。

2016年に出演した『ノクターナル・アニマルズ』では、ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞しました。

 

ヒメーシュ・パテル(マヒール)

ヒメーシュ・パテル(マヒール)

マヒールを演じるヒメーシュ・パテルは1990年10月13日生まれのイギリス人俳優です。

16歳の頃からBBCのソープオペラ『イーストエンダーズ』で9年間に渡り、タムワル・マズード役を演じました。

2019年に映画『イエスタデイ』で映画初出演。主人公ジャック・マリクを演じ、作中ではビートルズの楽曲の生演奏もおこない、話題となりました。

 

この映画では、エド・シーランが本人役として出演した事でも注目を集めました。

また同年に公開された『イントゥ・ザ・スカイ』でジョン・トリュー役を演じています。

映画好きのあおい

ノーラン作品に参加するのは、今作が初めてです。

 

クレマンス・ポエジー(バーバラ)

バーバラ役を演じるクレマンス・ポエジーは1982年11月30日生まれのフランス人女優です。

父親は俳優・舞台監督で、父親の影響から14歳の時より演技を始めました。

 

映画好きのあおい

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、フラー・デクラールを演じ話題になりました!

 

フラーは、三大魔法学校対抗試合のボーバトン魔法アカデミー代表選手で「息を呑むほどの美しさ」「非の打ちどころがない」と形容されるほどの美女として登場します。

そんな役を演じるほどの美貌を持ち合わせているということですね。

また同年、ドラマ『レジェンド・オブ・サンダー』のメアリー女王役でFIPAミニシリーズ部門の女優賞を受賞しました。

 

マイケル・ケイン(クロズビー卿)

マイケル・ケイン(マイケル・クロズビー卿)

 

クロズビー卿を演じるマイケル・ケインは1933年3月14日生まれのイギリス人俳優です。

叙情的なシリアスな役からコメディまで演技の幅は広く、また出演料とスケジュールの都合が合えば作品を選ばない主義で、出演作品の数はとても多いです。

 

アカデミー助演男優賞を2度受賞、主演男優賞に5度ノミネートされており、

1993年エリザベス女王からCBE勲章を受賞、2003年にはナイトに叙されています。

 

映画好きのあおい

マイケル・ケインは、『バットマン ビギンズ』以降のノーラン作品に出ている、常連です♪

2012年に英total film誌が発表した「監督と俳優のコラボレーション50組」では、26位に入っており、名コンビと言えるでしょう。

 

テネットのネタバレ結末予想

テネットのネタバレ結末予想を解説します。

テネットのネタバレ結末予想

物語の重要なキーワードは「テネット」という謎の言葉です。

そして気になるのは、主人公が「名もなき男」と称されているころです。

 

公式サイトには「彼の名前が明らかになる時、大いなる謎が解き明かされる」とあります。

もしかすると、彼の名前が「テネット」であり、彼が未来でなんらかの「第三次世界大戦」の引き金になっていたのかもしれません。

それを止めるために彼は未来を予知する力を手にした(された)と考えました!

予告を見ていると、時間を巻き戻す力はどうやら一定の人間には備わっているようです。

そんな中で名もなき男が未来で起こった「第三次世界大戦」を止める役目を担ったのは、やはり戦争となんらかの関わりを持っていたからなのでしょう。

 

そんなテネットですが、原作や実話があるのかについても話題になっています。

テネットの原作や実話について調査している記事についても合わせてご覧下さい。

テネットの相関図・キャストまとめ

ここまで『テネット』の相関図やキャスト紹介や結末考察をまとめました。

7カ国を舞台に、全編IMAXカメラで撮影された、ノーラン監督最大の傑作といわれる今作。

キャストの豪華さも相まって非常に期待値が高まります!

公開前の予備知識になれば嬉しいです。

 

1 COMMENT

通りすがり

ニールはキャットの息子でしたね。
テネットはジョンが経験から立ち上げた組織ってのも面白かった。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です