テネットの原作は?実話なのか調査した結果を解説

クリストファー・ノーラン監督の新作『テネット』が、9月18日に日本で公開します。

ノーラン監督が「最も野心的な作品」と豪語するだけあり、7カ国を舞台に、全編IMAXカメラで撮影したというスケールのでかい作品になっています。

 

未公開前から話題になっているテネットですが、「原作や実話があるのか」という点が非常に気になります。

この記事では、テネットの原作や実話を基にしたのかどうかを調べ、まとめてみました。

テネットの原作

テネットの原作について解説します。

テネットの原作

結論から言うと、『テネット』はクリストファー・ノーラン監督のオリジナル脚本といった扱いになっています。

ノーラン監督はこれまで、『インセプション』『インターステラー』などの作品をオリジナル脚本で描いています。

 

映画好きのあおい

『テネット』の構想は約20年以上前から考えていたそうで、脚本の制作には6、7年かかったと語っています!

 

『インセプション』でも、その構想にかけた時間の膨大さやそこから生まれた作品の緻密さが話題となりました。

「時間旅行」という点でも『インセプション』に近いテーマを感じます。

続編ではないものの、似た世界観であるようです。

 

また、ノーラン監督は『007』シリーズの大ファンであることで有名です。

今作はスパイを扱った作品なので、ノーランバージョンの「ジェームズ・ボンド」が原作なのではないか?という意見も出たようです。

しかしノーラン監督は、「そうならないように努力した」と語っています。

 

そのため、長い間『007』シリーズを見ないようにしたそうです。

ノーラン作品は、CGに頼らないリアルな映像やIMAXカメラを使用といった、その画面の迫力も魅力ですが、ストーリーや世界観の緻密さも魅力の一つです。

未来と現在が入り混じり、逆行するという物理学に反したこの設定をリアルに実現するため、『インターステラー』でも協力した理論物理学者のキップ・ソーンに時間と量子力学の相談を行ったそうです。

 

主演のジョン・デビッド・ワシントンも「監督は博識で哲学者だ」と語るように、今作の世界観の緻密さに期待です。

 

そんなテネットの相関図やネタバレについても話題になっています。

テネットの相関図やキャスト・ネタバレについての記事も合わせてご覧下さい。

テネットは実話なのか

テネットは実話なのか解説します。

テネットは実話なのか

結論から言うと、テネットは実話ではありません。

では、実在の人物や事件を基にしているのかというとそれも違うようです。

ノーラン監督は、CGに頼らずカメラで撮影することにこだわることで有名です。

今作は7カ国を舞台に撮影しているそうなので、壮大なSF映画には珍しく、実在する場所を実際に背景に使っています。

 

ノーラン作品で唯一実在した事件を基にしているのは『ダンケルク』です。

 

『ダンケルク』では、第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれています。

しかし、登場するキャラクターやストーリー自体はフィクションです。

 

ケネス・ブラナーが演じたボルトン海軍中佐だけは、実在したジェームズ・キャンベル・クラウンストンの行動に部分的に基づいているそうです。

作中に登場するドイツ戦闘機も史実より分かりやすさを重視したと語っており、フランス軍によって為されたことも描かれていないという批評も受けています。

 

それとは逆に、

『第二次世界大戦の叙情詩的作品』

『どんな勝利も犠牲なしではあり得ないということを明確にした没入型戦争映画』

という評価も受けています。

 

ノーラン監督は、実話より既存の映画に影響を受けることが多いらしく、『ダンケルク』でも11作を影響を受けた映画として紹介しています。

映画好きのあおい

今作『テネット』でもマカロニ・ウエスタン監督1968年『ウエスタン』に着想を得たと語っています!

 

謎のキーワード「TENET」は「SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS」というラテン語の回文に書かれている言葉です。

この回文が何らかのヒントになるのでしょうか。

テネットの原作・実話まとめ

ここまで、テネットに原作はあるのか、実話なのかをまとめてきました。

ノーラン監督が20年かけて構想したオリジナル脚本であることが分かりました。

ストーリーも世界観も人物も謎だらけの今作。

ノーラン監督は延期するというワーナーブラザーズの意向に反対し、公開することに拘ってきました。

 

そして、少し延期したものの多くのハリウッド映画が大きく延期したにも関わらず、日本でも9月18日に公開されます。

延期したものの、大きなスクリーンで公開することにこだわりを持つノーラン作品が実際にIMAXで上映されることは嬉しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です