最高の人生の見つけ方ロケ地!長崎・滋賀・エジプトや病院など

『最高の人生の見つけ方』(2019)は、2007年公開のロブ・ライナー監督作品『最高の人生の見つけ方』のリメイク作品として公開されました。

吉永小百合×天海祐希主演の今作は、余命宣告を受け、同室に入院している女性2人が、病の少女が残した「やりたいことリスト」を成し遂げるため日本や世界を旅行するストーリーです。

そのストーリー上、さまざまな場所でロケが行われました。

そのロケ地となった、長崎、滋賀、京都、エジプトをまとめてみました。

最高の人生の見つけ方の長崎ロケ地

最高の人生の見つけ方の長崎ロケ地について解説します。

最高の人生の見つけ方

長崎は、幸枝(吉永小百合)の故郷として登場します。

 

平和記念像

原爆落下地公園北側の丘に建っています。

原爆を風化させないという願いを込めて建てられました。

劇中では、長崎を代表するシンボルとして登場します。

 

眼鏡橋

平和公園から車で約20分の日本初のアーチ式石橋です。

橋と川面に映った影が眼鏡に見えることから名付けられました。

 

馬込教会

眼鏡橋から車で約40分、禁教令下の1871年に建てられた小聖堂です。

1890年にマルマン神父の設計でレンガ造教会ができましたが、台風の影響で尖塔が倒れ、今の教会は1931年に建てられたものです。

 

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

馬込教会から車で約40分、JR長崎駅から車で15分の距離にあります。

稲佐山の中腹に位置するデザイナーズホテルで、長崎港が一望できます。

 

映画好きのあおい

クライマックスシーンのロケがここで行われました。

 

長崎港ターミナル

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾートから車で約15分、長崎港の玄関口のターミナルビルです。

 

福江港ターミナル

長崎港ターミナルから高速船で約1時間25分、五島市の玄関口でもあります。

2008年『九州みなとオアシス五島福江』に認定されました。

 

水ノ浦教会

福江港ターミナルから車で約30分、1880年に建築され1938年にh木造の現教会が建てられました。

木造教会堂としては最大規模を誇ります。

劇中、幸枝の故郷にある教会として登場します。

 

映画好きのあおい

旅の途中にマ子(天海祐希)と共に訪れます!

 

魚津ヶ崎公園

水ノ浦教会から車で約5分、西海国立公園内に位置しています。

遣唐使船日本最後の寄泊地や、四季折々の花の名所として有名です。

 

また、これだけロケ地に凝っている最高の人生の見つけ方の実話や原作についてもよく話題になっています。

最高の人生の見つけ方の滋賀ロケ地

最高の人生の見つけ方の滋賀ロケ地について解説します。

最高の人生の見つけ方滋賀ロケ地

滋賀は、マ子(天海祐希)の実父が入っている介護施設がある場所として登場します。

実際に登場したのは、琵琶湖のみです。

奥比叡ドライブウェイの協力のもと、展望台に高所作業車を入れて撮影したそうです。

 

撮影時は1月で雪が降っていましたが、映画では紅葉シーズンの設定のため、監督は秋らしく見えるアングルを探るのに苦労したそうです。

 

映画好きのあおい

マ子と実父が再会を果たす前シーンとして登場する琵琶湖ですが、この再会は映画の中でも重要な部分の一つでしょう!

 

仕事一筋で富を築き上げ、家族との確執を抱えたマ子の張り詰め続けてきた気のようなものがふと緩むシーンには魅せられます。

オリジナルではジャック・ニコルソン演じるエドワードが仲違いした娘に会いに行きます。

父と娘という構図は変わらず、日本流にアレンジしたのでしょう。

家族という小さいコミュニティの、本人たちにとっては大きな問題を描くシーンの前に、琵琶湖という日本で一番広い湖の実景を入れるのはかなり効果的な演出になっていますね。

 

 

最高の人生の見つけ方の京都ロケ地

最高の人生の見つけ方の京都ロケ地について紹介します。

京都は、幸枝とマ子が観光に訪れる場所として描かれています。

 

八坂通

京都市にある通りの一つで、全長約600mです。

西は大和大路通から、東は法観寺前まで至ります。

 

鴨川(四条大橋)

四条大橋は鴨川にかかる橋です。

東は祇園、八坂神社、西は先斗町、四条河原町に繋がることから、人通りが多いです。

幸枝とマ子の2人が河川敷を並んで歩いているシーンもあります。

五条大橋

五条大橋も鴨川かかる橋の一つです。

東側には、地下に京阪本線の清水五条駅があります。

尋常唱歌の『牛若丸』によると、牛若丸と弁慶が出会った場所とされています。

 

からふね屋珈琲 三条本店

1972年に創業した老舗のカフェです。

種類が豊富なパフェが有名な店で、中には20~25人向きの「パーティーパフェ」も並びます。

 

映画好きのあおい

劇中には、大きなパフェに驚く幸枝とマ子の可愛らしいワンシーンがあります!

 

常寂光寺

京都市嵯峨野にある日蓮宗の仏教寺院です。

境内の庭園には約200本のカエデが植えられており、秋の紅葉で有名なスポットです。

 

あだし野念仏寺

こちらも京都市の嵯峨野にある浄土宗の寺です。

境内約8000体の石仏・石塔群は西院の河原と呼ばれています。

 

8月に行われる、無念仏となった石仏を弔う千灯供養という行事では、何千体もの無念仏にろうそくが供えられます。

とても幻想的な光景です。

 

高台寺

高台寺は東山区にある、臨済宗建仁寺派の寺院です。

豊臣秀吉の正室、北政所が秀吉の冥福を祈るために建てたそうです。

ねね(北政所)の道から高台寺境内をつなぐ台所坂は、夏は新緑、秋は紅葉が綺麗なスポットです。

 

最高の人生の見つけ方のエジプトロケ地

最高の人生の見つけ方のエジプトロケ地について紹介します。

最高の人生の見つけ方のエジプトロケ地

エジプトも幸枝とマ子の旅行に訪れる場所として登場します。

ロケーション協力などを見てみると、どうやらエジプトで実際に撮影したわけではないようです。

 

最高の人生の見つけ方のエジプトロケ地はデジタル合成だと思われます。

他の海外ロケとしては、アメリカ カリフォルニアの実景撮影を行なっているようです。

 

映画好きのあおい

エジプトのシーンではキャストの撮影もある為、ロケが難しかったのでしょうか。。

 

このように、ロケが困難とされる場所が登場する場合は頻繁にデジタル合成が使用されます。

『最高の人生の見つけ方』のように実在する場所や物を合成する場合もあれば、コンピュータで制作された映像(CG)を合わせる場合もあります。

これらの映像を1つに合成することをコンポジットと言います。

 

例えば爆発シーンや街が崩壊する作品などでは、CGが使用されることが多いです。

予算の関係や、スケールの問題からVFX、CGは欠かせない存在です。

『インセプション』『ダークナイト』シリーズで知られるクリストファー・ノーラン監督は、CGに頼らず撮影することに拘っています。

ビルを一棟爆破させたり、世界に数台しかなかったIMAXカメラを壊した破天荒監督です。

 

映画好きのあおい

日本映画は世界から見ても予算が低いです。

それが問題視されることも・・。

 

海外ロケを行うこともありますが、デジタル合成が発展した今、その技術に頼った方がより良い画面が作れることが多いです。

最高の人生の見つけ方ロケ地まとめ

 

ここまで『最高の人生の見つけ方』日本リメイク版のロケ地をまとめました。

最高の人生の見つけ方では、長崎・京都で特に多くの場所がロケ地に使用されています。

 

映画好きのあおい

コ○ナ禍の自粛期間が明けたら、回りたい美しい景色ばかりです♪

 

『最高の人生の見つけ方』の魅力の一つは、そういった代わる代わる登場する美しい景色です。

近年のCG技術も素晴らしい物ではありますが、その地のエキストラの力もあって生まれるリアリティもあるのかもしれません。

 

最高の人生の見つけ方は「面白い」という意見や「つまらない」という意見まで幅広いです。

最高の人生の見つけ方はつまらないと噂?面白いのか評価を解説

 

映画好きのあおい

個人的には凄く楽しい映画なので、是非視聴してみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です